18インチメルセデスベンツ CLAクラス W117/Aクラス W176 Rotiform BLQ R110 18×8.5J ET45 Machine Silver当社指定輸入タイヤ or NANKANG 225/40R18 新品タイヤホイールセット4本価格 JWL規格非適合品


 >  > 18インチメルセデスベンツ CLAクラス W117/Aクラス W176 Rotiform BLQ R110 18×8.5J ET45 Machine Silver当社指定輸入タイヤ or NANKANG 225/40R18 新品タイヤホイールセット4本価格 JWL規格非適合品
KYB NewSRスペシャル [イスト NCP60・NCP61 2002/04~2004/05 FF車用] NewSR Special ショック 送料無料
  1. NBOX用 ハウジングセツトR.*YR598P*NBOXNBOXカスタム 76205-TY0-N01ZM
  2. NARDI ステアリング トヨタ ソアラ Z10系 S56~S60 FET BOSS KIT(FET ボスキット)・NARDI(ナルディ) ステアリングセット ステアリングボス BOSS〔FB522〕/ステアリング〔N130〕
  3. ホーム
  4. 小説を読む(グリム兄弟)
  5. NITTO ニットー INVO サマータイヤ 単品1本 22インチ 255/35ZR 99W XL ニットータイヤ 夏タイヤ 新品
  6. 杜松の樹

杜松の樹

原題:DER FROSCHKONIG ODER DER EISERNE HEINRICH
著者:グリム兄弟 Bruder Grimm
楠山正雄訳

 むかしむかし大昔、今から二千年も前のこと、一人の金持ちがあって、美くしい、気立の い、おかみさんを持って居ました。この夫婦は大層仲が かったが、 小児こども がないので、どうかして一人ほしいと思い、おかみさんは、夜も、昼も、一心に、小児の授かりますようにと祈っておりましたが、どうしても出来ませんでした。

 さてこの夫婦の家の前の庭に、一本の 杜松としょう がありました。 る日、冬のことでしたが、おかみさんはこの樹の下で、 林檎りんご の皮を いていました。剥いてゆくうちに、指を切ったので、雪の上へ血がたれました。

※杜松は檜類の喬木で、一に「ねず」又は「むろ」ともいいます


「ああ、」と女は深い 嘆息ためいき いて、目の前の血を眺めているうちに、急に心細くなって、こう言った。「血のように赤く 【5ZIGEN】ミンクス マフラー ソニカ CBA-L405S などにお勧め 品番:MMD-007 5次元 5ジゲン エキゾースト MINX、雪のように白い小児が、ひとりあったらねい!」

言ってしまうと、女の胸は急に軽くなりました。そして確かに自分の願がとどいたような気がしました。女は家へ入りました。それから一 つき 経つと、雪が消えました。二 つき すると、色々な物が青くなりました。三 つき すると、地の中から花が咲きました。四 つき すると、木々の こずえ が青葉に包まれ、枝と枝が重なり合って、小鳥は森に こだま を起こして、木の上の花を散らすくらいに、歌い出しました。五 つき 経った時に、おかみさんは、 杜松ねず の樹の下へ行きましたが、 杜松としょう の甘い 香気かおり ぐと、胸の底が躍り立つような気がして来て、嬉しさに我しらずそこへ膝を突きました。六 月目つきめ が過ぎると、 杜松ねず の実は堅く、肉づいて来ましたが、女はただ じっ として居ました。七 つき になると、女は 杜松ねず の実を落して、しきりに食べました。するとだんだん気がふさいで、病気になりました。それから八 つき 経った時に、女は夫の所へ行って、泣きながら、こう言いました。

「もしかわたしが死んだら、あの 杜松としょう の根元へ埋めて下さいね。」

 これですっかり安心して、嬉しそうにしているうちに、九 つき が過ぎて、十 月目つきめ になって、女は雪のように白く、血のように赤い 小児こども を生みました。それを見ると、女はあんまり喜んで、とうとう死んでしまいました。

 夫は女を 杜松としょう の根元へ埋めました。そしてその時には、大変に泣きましたが、時が経つと、悲みもだんだん薄くなりました。それから しばら くすると、男はすっかり諦めて、泣くのをやめました。それから暫くして、男は別なおかみさんをもらいました。

 二度目のおかみさんには、女の子が生まれました。 はじめ のおかみさんの子は、血のように赤く、雪のように白い男の子でした。おかみさんは自分の娘を見ると、 可愛かわゆ くって、可愛くって、たまらないほどでしたが、この小さな男の子を見るたんびに、いやな 気持きもち になりました。どうかして夫の財産を残らず自分の娘にやりたいものだが、それには、この男の子が邪魔になる、というような考えが、 始終しじゅう 女の心をはなれませんでした。それでおかみさんは、だんだん鬼のような心になって、いつもこの子を目の かたき にして、 ったり、 たた いたり、家中を 追廻おいまわ したりするので、かわいそうな 小児こども は、 始終しょっちゅう びくびくして、学校から帰っても、家にはおちついていられないくらいでした。

  る時、おかみさんが、二階の 小部屋こべや へはいっていると、女の子もついて来て、こう言いました。

「母さん、 林檎りんご頂戴ちょうだい 。」

「あいよ。」とおかあさんが言って、 はこ の中から 美麗きれい な林檎を出して、女の子にやりました。その はこ には大きな、重い ふた と頑固な鉄の じょう が、ついていました。

「母さん、」と女の子が言った。「兄さんにも、一つあげないこと?」

 おかあさんは機嫌をわるくしたが、それでも何気なしに、こういいました。

「あいよ、学校から帰って来たらね。」

 そして男の子が帰って来るのを窓から見ると、急に悪魔が心の中へはいってでも来たように、女の子の持っている林檎をひったくって、

「兄さんより先に食べるんじゃない。」

と言いながら、林檎を はこ の中へ投込んで、 ふた をしてしまいました。

 そこへ男の子が帰って来て、 の所まで来ると、悪魔のついた 継母ままはは は、わざと優しい声で、

「坊や、林檎をあげようか?」といって、じろりと男の子の顔を見ました。

「母さん、」と男の子が言った。「何て顔してるの! ええ、林檎を下さい。」

「じゃア、一しょにおいで!」といって、 継母ままはは は部屋へはいって、 はこふた を持上げながら、「さア自分で 一個ひとつ お取りなさい。」

 こういわれて、男の子が はこ の中へ頭を 突込つっこ んだ途端に、ガタンと ふた を落したので、小児の頭はころりととれて、赤い林檎の中へ落ちました。それを見ると、 継母ままはは は急に恐ろしくなって、「どうしたら、 のが れられるだろう?」と思いました。そこで 継母ままはは は、自分の 居室いま にある 箪笥たんす のところに行って、 手近てぢか抽斗ひきだし から、白い 手巾はんけち を出して来て、

18インチメルセデスベンツ CLAクラス W117/Aクラス W176 Rotiform BLQ R110 18×8.5J ET45 Machine Silver当社指定輸入タイヤ or NANKANG 225/40R18 新品タイヤホイールセット4本価格 JWL規格非適合品





、頭を くび密着くっつ けた上を、ぐるぐると巻いて、傷の分らないようにし、そして手へ林檎を持たせて、男の子を入口の椅子の上へ すわ らせておきました。

 間もなく、女の子のマリちゃんが、今ちょうど、台所で、 の前に立って、 沸立にえた った鍋をかき まわ しているお母さんのそばへ来ました。

「母さん、」とマリちゃんが言った。「兄さんは の前に すわ って、 真白まっしろ なお顔をして、林檎を手に持っているのよ。わたしがその林檎を 頂戴ちょうだい と言っても、何とも言わないんですもの、わたし怖くなッちゃったわ!」

「もう一 ぺん 行ってごらん。」とお母さんが言った。「そして返事をしなかったら、 横面よこッつら を張っておやり。」

 そこでマリちゃんは また 行って、

「兄さん、その林檎を 頂戴ちょうだい 。」

といいましたが、兄さんは何とも言わないので、女の子が 横面よこッつら を張ると、頭がころりと落ちました。それを見ると、女の子は恐くなって、泣き出しました。そして泣きながら、お母さんの所へ けて行って、こう言いました。

「ねえ、母さん! わたし兄さんの頭を打って、 おッこと しちまったの!」

そう言って、女の子は泣いて、泣いて、いつまでもだまりませんでした。

「マリちゃん!」とお母さんが言った。「お前、何でそんなことをしたの! まア、いいから、黙って 16インチキューブZ12系ENKEI パフォーマンスライン PF01 マットブラック 6.5Jx16Bluearth AE01F 195/55R16、誰にも知れないようにしておいでなさいよ。出来ちまったことは、もう取返しがつかないんだからね。あの子はスープにでもしちまいましょうよ。」

こういって、お母さんは小さな男の子を持って来て、ばらばらに切りはなして、お鍋へぶちこんで、ぐつぐつ煮てスープをこしらえました。マリちゃんはそのそばで、泣いて、泣いて、泣きとおしましたが、涙はみんなお鍋のなかへ落ちて、その上塩をいれなくてもいいくらいでした。お父さんが帰って来て、 食卓テーブル の前へ すわ ると、

「あの子は 何処どこ へ行ったの?」と たず ねました。

すると母親は、大きな、大きな、お皿へ黒いスープを盛って、運んで来ました。マリちゃんはまだ悲しくって NANKANG TIRE ナンカン AS-1 サマータイヤ 215/50R17 WEDS WedsSport ウェッズ スポーツ SA-54R ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7.5 +48 5穴 100、頭もあげずに、おいおい泣いていました。すると父親は、もう一度、

「あの子 何処どこ へ行ったの?」とききました

。 「ねえ、」とお母さんが言った。「あの子は田舎へ行きましたの、ミュッテンの大伯父さんのとこへ、 しばら く泊って来るんですって。」

「何しに行ったんだい?」とお父さんが言った。「おれにことわりもしないで!」

「ええ、何ですか、大へん行きたがって、わたしに、六週間だけ、泊りにやってくれッて言いますの。 先方むこう へ行けばきっと大切にされますよ。」

「ああ、」とお父さんが言った。「それは本当に困ったね。全体、おれに黙って行くなんてことはありやしない。」

 そう言って、食事を初めながら、お父さんはまた、

「マリちゃん、何を泣くの?」とききました。「兄さんは今にきっと帰って来るよ。」

 それから、おかみさんの方を見て、

「おい、母さん、これはとても

新品タイヤホイールセット4本価格 BLQ NANKANG Rotiform 18インチメルセデスベンツ R110 CLAクラス Silver当社指定輸入タイヤ BLQ W176 Machine JWL規格非適合品 新品タイヤホイールセット4本価格 18×8.5J or 225/40R18 W117/Aクラス ET45

うま いぞ!、もっともらおう!」といったが、食べれば食べる程、いくらでも食べられるので、「もっとくれ! 残すのは惜しい、おれが一人でいただいちまおうよ。」といいながら 、とうとう一人で、みんな食べてしまって、骨を食卓の下へ投げました。

 するとマリちゃんは、自分の 箪笥たんす へ行って、一番下の 抽斗ひきだし から、一番上等の絹の 手巾はんけち を出して来て、 食卓テーブル の下の骨を、一つ残らず拾い上げて、 手巾はんけち へ包み、泣きながら、 戸外おもて へ持って行きました。マリちゃんはその骨を 杜松ねず の樹の根元の草の中へ置くと、急に胸が軽くなって、もう涙が出なくなりました。

 その時、 杜松ねず の樹がザワザワと動き出して、枝と枝が、まるで手を って喜んでいるように、着いたり、離れたり、しました。すると木の中から、雲が立ちのぼり、その雲の 真中まんなか で、ぱっと火が燃え立ったと思うと、火の中から、美くしい鳥が飛び出して、 い声をして歌いながら、 中空なかぞら 高く舞いのぼりました。

 鳥が飛んで行ってしまうと、 杜松ねず の木は また 元の通りになりましたが、 手巾はんけち は骨と一しょに 何処どこ へか消えてしまいました。マリちゃんは、すっかり胸が軽くなって、兄さんがまだ生きてでもいるような 心持こころもち がして、嬉しくってたまらなかったので、機嫌よく家へ入って、夕ご飯を食べました。

 ところが、鳥は飛んで行って、 金工かざりや の家根へ まって、こう歌い出しました。



「母さんが、わたしを殺した、

 父さんが、わたしを食べた、

 妹のマリちゃんが、

 わたしの骨をのこらず拾って、

  手巾はんけち に包んで、

  杜松ねず の樹の根元へ置いた。

 キーウィット、キーウィット、何と、綺麗な鳥でしょう!」



  金工かざりや は仕事場へ すわ って、 黄金きんくさり を造っていましたが、家根の上で歌っている鳥の声を聞くと、いい声だと思って、立上って見に来ました。けれども しきいまた ぐ時に、片方の上沓が脱げたので、片足には、 上沓うわぐつ を穿き、片足は、 沓下くつした だけで、 前垂まえだれ を掛け、片手には、 黄金きんくさり 、片手には、ヤットコを持って、街の中へ 跳出とびだ しました。そして日光の中へ立って、鳥を眺めて居ました。

「鳥や、」と 金工かざりや が言った。「何て い声で歌うんだ。もう一度、あの歌を歌って見な。」

「いえいえ、」と鳥が言った。「ただじゃア、二度は、歌いません。それとも、その 黄金きんくさり を下さるなら、もう一度、歌いましょう。」

「よしきた、」と 金工かざりや が言った。「それ 黄金きんくさり をやる。さア、もう一度、歌って見な。」

 それを聞くと、鳥は降りて来て、右の あし黄金きんくさり を受取り、 金工かざりや のすぐ前へ とま って、歌いました。



「母さんが、わたしを殺した、

 父さんが、わたしを食べた、

 妹のマリちゃんが、

 わたしの骨をのこらず拾って、

  手巾はんけち に包んで サマータイヤ 225/50R18 95W ヨコハマ ブルーアース・エース AE50 & ワーク エモーション T5R 7.5-18 タイヤホイール4本セット、

  杜松ねず の樹の根元へ置いた。

 キーウィット、キーウィット、何と、綺麗な鳥でしょう!」



 歌ってしまうと、鳥は靴屋の店へ飛んで行き、家根の上へ とま まって、歌いました。



「母さんが、わたしを殺した、

 父さんが、わたしを食べた、

 妹のマリちゃんが、

 わたしの骨をのこらず拾って、

  手巾はんけち に包んで、

  杜松ねず の樹の根元へ置いた。

 キーウィット、キーウィット、何と、綺麗な鳥でしょう!」



 靴屋はこれを聞くと、 襯衣シャツ のまんまで、 戸外そと駈出かけだ して、眼の上へ手を かざ して、家根の上を眺めました。

「鳥や、」と靴屋が言った。「何て い声で歌うんだ!」

そう言って、家の中へ声をかけました。

「女房や、ちょいと来なよ、鳥が居るから。ちょいとあの鳥を見な! いい声でうたうから。」

 それから娘だの、子供たちだの、職人だの、小僧だの、 女中じょちゅう だのを呼びましたので、みんな 往来おうらい へ出て、鳥を眺めました。鳥は赤と緑の羽をして、 のど のまわりには、 黄金きんまと い、二つの眼を星のようにきらきら光らせておりました。それはほんとうに 美事みごと なものでした。

「鳥や、」と靴屋が言った。「もう一度、あの歌を歌って見な。」

「いえいえ、」と鳥が言った。「ただじゃア、二度は、歌いません。それとも何かくれますか。」

「女房や、」と靴屋が言った。「店へ行って、一番上の棚に、 赤靴あかぐつ が一足あるから、あれを持って来な。」

 そこで、おかみさんは行って、その靴を持って来ました。

「さア 185/60R15 84Q YOKOHAMA ヨコハマ IG60 IG60 weds RIZLEY ZEFICE X ウェッズ ライツレー ゼファイス エックス スタッドレスタイヤホイール4本セット、鳥や、」と靴屋が言った。「もう一度、あの歌を歌って見な。」

 すると鳥はおりて来て、左の爪で靴を受取ると、 また 家根へ飛んで行って、歌い出しました。



「母さんが、わたしを殺した、

 父さんが、わたしを食べた、

 妹のマリちゃんが、

 わたしの骨をのこらず拾って、

  手巾はんけち に包んで、

杜松ねず の樹の根元へ置いた。

 キーウィット、キーウィット、何と、綺麗な鳥でしょう!」



 歌ってしまうと、鳥はまた飛んで行きました。右の あし には くさり を持ち、左の爪に靴を持って、 水車小舎すいしゃごや の方へ飛んで行きました。

水車すいしゃ は、「カタン—コトン、カタン—コトン、カタン—コトン。」と まわ っていました。 小舎こや の中には、二十人の粉ひき男が、 うす の目を って居ました。

「カタン—コトン、カタン—コトン、カタン—コトン」と水車の廻る間に、粉ひき男は、「コツ、コツ、コツ、コツ、コツ、コツ」と うす の目を って居た。

 鳥は 水車小舎すいしゃごや の前にある 菩提樹ぼだいじゅ の上へ とま って、歌い出しました。



「母さんが、わたしを殺した、」



と歌うと、一人が耳を立てました。



「父さんが、わたしを食べた、」



と言うと、また二人が耳を立てて、聞き入りました。



「妹のマリちゃんが、」



と歌うと、また四人が耳を立てました。



「わたしの骨をのこらず拾って、

  手巾はんけち に包んで、」



と言った時には、 うす

18インチメルセデスベンツ CLAクラス W117/Aクラス W176 Rotiform BLQ パーツ R110 18×8.5J ET45 Machine Silver当社指定輸入タイヤ or NANKANG 225/40R18 新品タイヤホイールセット4本価格 ESPELIR JWL規格非適合品

っている者は、八人ぎりになりました。



杜松ねず の樹の」



と歌うと、もう五人ぎりになりました。



「根元へ置いた。」



と言うと、もう一人ぎりになりました。



「キーウィット、キーウィット、何と、綺麗な鳥でしょう!」



と歌うと、その一人も、とうとう仕事を止めました。そしてこの男は、 最後おしまい だけしか聞かなかった。

「鳥や、」とその男が言った。「何て い声で歌うんだ! おれにも、初から聞かしてくれ。もう一遍、歌ってくれ。」

「いやいや、」と鳥が言った。「ただじゃア、二度は、歌いません。それとも、その 石臼いしうす を下さるなら、もう一度、歌いましょう。」

「いかにも、」とその男が言った。「これがおれ一人の物だったら、お前にやるんだがなア。」

「いいとも、」と他の者が言った。「もう一遍、歌うなら、やってもいいよ。」

 すると鳥は降りて来たので、二十人の粉ひき男は、総ががかりで、「ヨイショ、ヨイショ!」と棒でもって 石臼いしうす を高く挙げました。鳥は 真中まんなかあな へ頭を突込んで、まるでカラーのように、 石臼いしうすくび へはめ、 また 木の上へ 飛上とびあが って、歌い出しました。



「母さんが、わたしを殺した、

 父さんが、わたしを食べた、

 妹のマリちゃんが、

 わたしの骨をのこらず拾って、

  手巾はんけち に包んで、

  杜松ねず の樹の根元へ置いた。

 キーウィット、キーウィット、何と、綺麗な鳥でしょう!」



 歌ってしまうと、鳥は羽を ひろ げて、右の あし には、 くさり を持ち、左の爪には、靴を持ち、 くび のまわりには、 石臼いしうす をはめて、お父さんの家の方へ飛んで行きました。

 居間の中では、お父さんとお母さんとマリちゃんが、 食卓テーブル の前に すわ っていました。その時、お父さんはこう言いました。

「おれは胸が軽くなったようで、大変 気持きもち だ!」

いいえ 、」とお母さんが言った。「わたしは胸がどきどきして、まるで 暴風あらし でも来る前のようですわ。」

 けれどもマリちゃんはじっと すわ って、泣ていました。すると鳥が飛んで来て、家根の上へ とま った。

「ああ、」とお父さんが言った。「おれは嬉しくって、仕方がない。まるでこう、日がぱーッと射してでも居るような気持だ。まるで久しく わない友達にでも逢う前のようだ。」

いいえ 、」とお母さんが言った。「わたしは胸が苦しくって、歯がガチガチする。それで脈の中では、火が燃えているようですわ。」

そういって、おかみさんは 衣服きもの の胸を、ぐいぐいとひろげました。

 マリちゃんは隅ッこへ すわ って、お皿を膝の上へおいて、泣いていたが、前にあるお皿は、涙で一ぱいになるくらいでした。

 その時、鳥は 杜松ねず の木へ まって、歌い出しました。



「母さんが、わたしを殺した、」



 母親は耳を ふさ ぎ、眼を隠して、見たり、聞いたり、しないようにしていたが、それでも、耳の中では、恐ろしい 暴風あらし の音が響き、眼の中では、まるで 電光いなびかり のように、燃えたり、光ったりしていました。



「父さんが、わたしを食べた、」



「おお、母さんや、」とお父さんが言った。「あすこに、綺麗な鳥が、 い声で鳴いているよ。日がぽかぽかと射して、何もかも、 肉桂にくけい のような甘い香気がする。」



「妹のマリちゃんが、」



と歌うと、マリちゃんは急に顔をあげて、泣くのをやめました。お父さんは

「おれはそばへ行って、あの鳥を、ようく見て来る。」というと、

「あれ、およしなさいよ!」とおかみさんが言った。「わたしはまるで家じゅうに火がついて、ぐらぐらゆすぶれてるような気がするわ。」

 けれどもお父さんは出て行って、鳥を眺めました。



「わたしの骨をのこらず拾って、

  手巾はんけち に包んで、

  杜松ねず の樹の根元へ置いた。

 キーウィット、キーウィット、何と、綺麗な鳥でしょう!」



こう歌うと、鳥は 黄金きんくさり を、お父さんの くび のうえへ落しました。その くさり はすっぽりと くび へかかって、お父さんによく似合いました。お父さんは家へ入って、

「ねえ! とても美しい鳥だよ。そしてこんな 奇麗きれい な、 黄金きんくさり を、わたしにくれたよ。どうだい、立派じゃないか。」

といいましたが、おかみさんはもう胸が苦しくって たま らないので、部屋の中へぶっ倒れた拍子に、帽子が脱げてしまいました。すると鳥がまた歌い出しました。



「母さんが、わたしを殺した、」



「おお、」と母親は うめ いた。「わたしは千 じょう もある地の底へでも入っていたい。あれを聞かされちゃア、とても たま らない。」



「父さんが、わたしを食べた、」



というと、おかみさんは、まるで死んだように、ばったりと倒れました。



「妹のマリちゃんが、」



「ああ、」とマリちゃんが言った。「わたしも行って見ましょう。鳥が何かくれるかどうだか、出て見るわ!」

そう言って、外へ出ました。



「わたしの骨をのこらず拾って、

  手巾はんけち へ包んで、」



と言って、鳥は靴を妹の上へ落しました。



杜松ねず の樹の根元へ置いた。

 キーウィット、キーウィット、何と、綺麗な鳥でしょう!」



と歌うと、マリちゃんも たちま ち、軽い、楽しい気分になり、赤い靴を 穿 いて、踊りながら、家の中へ跳込んで来ました。

「ああ、」とマリちゃんが言った。「わたしは、 戸外おもて へ出るまでは、悲しかったが、もうすっかり胸が軽くなった! あれは気前のいい鳥だわ、わたしに赤い靴をくれたりして。」

「いいえ、」といって、お母さんは跳ね起きると、髪の毛を ほのお のように逆立てながら、「世界が沈んで行くような気がする。気が軽くなるかどうだか、あたしも出て見ましょう。」

 そう言って、扉口を出る拍子に、ドシーン! と鳥が 石臼いしうす を頭の上へ落したので、おかあさんはぺしゃんこに潰れてしまいました。その音をきいて、お父さんと娘が、内から 跳出とびだ して見ると、 の前には、一面に、煙と ほのお と火が立ちのぼって居ましたが、それが消えてしまうと、その跡に、小さな兄さんが立っていました。兄さんはお父さんとマリちゃんの手をとって、みんなそろって、喜び いさ んで、家へ入り、 食卓テーブル の前へ すわ って、一しょに食事をいたしました。

底本:「グリム童話集」冨山房
1938(昭和13)年12月12日発行
※「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に基づいて、底本の表記をあらためました。
入力:大久保ゆう
校正:鈴木厚司
2005年4月1日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、

18インチメルセデスベンツ CLAクラス W117/Aクラス W176 Rotiform BLQ R110 18×8.5J ET45 Machine Silver当社指定輸入タイヤ or NANKANG 225/40R18 新品タイヤホイールセット4本価格 JWL規格非適合品

、ボランティアの皆さんです。

{yahoojp} {itc.ac.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-70447